2013年05月12日

コレステロール

通院生活脱出と思いきや、コレステロールは下がったけれども、悪玉コレステロール値が高いと言われてしまいました
酒もやめ肉も食べず乳製品もやめて、もはや減らすものはありません
悪玉コレステロールのもとは主に肉食や乳製品ですから
そこでもう一度食事療法の本を読み返しました
悪玉コレステロールを効率よく排出する食品というのがありました
青魚、キノコとあります
訳あって最近は青魚とキノコを食べていなかったのです
うーん
心機一転、毎日、青魚とキノコを食べるということが目標に設定されました
posted by マコ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血液検査

日本酒とワイン、ビールを一切やめて、アルコールは焼酎のみにしたところ体重が5.5キログラム減少しました
血液検査の結果は血糖値、中性脂肪、コレステロール、尿酸値が正常になりました
これで見事にメタボリック脱出しました!
posted by マコ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

糖分の多い食品

糖分の多い食品は体脂肪になりやすく 多く摂りすぎたときは、肥満やメタボの原因となります

五訂日本食品標準成分表によれば
赤ワイン100ml中に1.5gの糖質
白ワイン100ml中に2.0gの糖質
純米酒100ml中には3.6gの糖質
純米吟醸酒だと100ml中に4.1gの糖質
ビールは100ml中に3.1gの糖質

日本酒やビールの糖質含有量は、銘柄による差はそんなにありません。
日本酒は1合が180mlで、3合飲んだら540mlで糖質は20g
猪口に1〜2杯なら日本酒が上昇させる血糖値は心配ないレベルですね。

ビールは350ml缶を3本飲んだら、1050mlで糖質は32.6g
大ジョッキ(800ml)3杯飲んだら2400mlで糖質は74.4g
ビールは糖尿に最も危険なお酒です

ワインは銘柄により糖質含有量に差があります
ワインが1本750mlなので、1/2本で375ml飲んで、一般的な赤なら糖質は5.6gくらい

なお焼酎、ウィスキー、ブランデーなどの蒸留酒は原料が麦でも芋でも米でも、糖質含有量ゼロなので、糖質制限OK食品とうことになります。

<糖質(炭水化物)の含有量と食品の目安> 食品名 糖質の含有量 一食あたりの目安量
スパゲティ  26.9g 200gでは53.8g
中華めん   27.9g 200gでは55.8g
うどん    20.8g 1杯 200gでは41.6g
ご飯(白米) 36.8g 1杯 120gでは44.2g
そば     24.0g 1杯 180gでは43.2g
ショートケーキ46.5g 1個 70gでは32.6g
バナナ    21.4g 1本 150gでは32.1g
じゃが芋   16.3g 1個 120gでは19.6g
ハチミツ   79.7g 中さじ1杯 15gでは12.0g
砂糖(白糖) 99.2g 小さじ1杯 10gでは9.9g

*文部科学省 五訂日本食品標準成分表より

posted by マコ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
 
カテゴリ
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。